歯周病治療

こんなお悩みありませんか?
歯ぐきが腫れている
歯みがきをすると血が出る
歯ぐきから血や膿が出る
歯がぐらぐらする
食べ物が上手く噛めない
口臭がきつくなった
朝起きると口の中がネバつく

歯周病は、細菌によって引きおこされる感染症です。通常痛みがなく進行していきます。
お口の中に歯垢(プラーク)・歯石といった細菌の塊が増えると、炎症が起こり、歯ぐきの腫れや歯槽骨(歯を支える骨)を溶かします。最終的には歯が抜け落ちてしまうことがあります。
さらに歯周病は、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞など、全身疾患との関連が明らかになっています。
歯周病の治療は定期検診・クリーニング、毎日の丁寧な歯ブラシがポイントです。気になる症状がありましたら、お早めにご相談ください。


歯周病進行の流れ

歯周病を繰り返さないために

歯周病は生活習慣や食習慣と結びついており、再発しやすい病気です。ご自宅でのセルフケアと、歯科医院でのプロケアを続けて、予防を行っていきましょう。また、残念ながら再発してしまった場合も、日頃から定期検診を行うことで、歯周病の早期発見早期治療に繋がります。

歯周組織再生療法

歯周病が重症化してしまった場合は、溶けて減ってしまった骨や歯根膜といった歯周組織を再生させる「歯周組織再生療法」を行います。